営業活動を効率化するsfaについて|企業にとって大事なシステム

利益を上げるポイント

男女

企業の利益を上げるためには定期的なセミナー、研修によって社員のモチベーションを上げることが大切になってきます。管理職だけでなく社員全体に幅広く意識改革を行っていくこと、より効果を従事するのであれば専門業者にサポートを依頼するのがおすすめです。

More Detail

営業で得た情報を管理する

IT

営業活動を見える化する

sfa(sales force automation)は、企業の営業活動を支援して効率化するための情報システムです。sfaの特徴は営業活動に関する情報を管理できる点で、営業担当者の個人レベルでの営業プロセスの見える化を可能にします。具体的には、各担当者が現在携わっている案件の状況だけでなく、過去に行った商談の履歴も見える化できます。また、営業活動から手に入れた情報や、顧客に対する仕掛かり案件やアポイントなどのスケジュールも一元管理することが可能です。sfaをグループで運用することで最新の情報を共有することができます。業務の重複を減らし、特定の担当者しかできない業務を無くすなど、営業活動の効率化を図ることができます。

情報資産の消失を防ぐ

sfaを用いて工夫することで得られる営業活動のメリットは、情報資産の消失を防ぐことができる点です。営業活動で得た顧客は商談が成功して契約が成立した相手となります。しかし、実際には顧客の何倍もの数の企業へ営業活動を実施しています。つまり、かなりの数で商談が失敗した企業があるわけです。これらの企業への営業プロセスで得られた情報は企業にとって貴重な情報資産となりますが、この情報の蓄積は往々にしておろそかになりがちです。sfaによる情報管理で情報資産の消失を防ぐことができます。また同様に、営業担当者の異動や退職などの場合の情報資産の引き継ぎでsfaは効果を発揮します。営業担当者が営業プロセスで得た人脈なども見える化できるためです。

グループウェアで日程調整

システム

分刻みの日程に追われているビジネスマンにとって、かつては手帳型のスケジュール帳は必須のツールでした。現在では、多くの企業でスケジュール管理ソフトが導入されています。また、スケジュール管理機能を兼ね備えたグループウェアは、特に普及率の高いITツールといえるでしょう。

More Detail

情報の共有とその方法

PCを操作する人

企業において、社内で情報が十分に共有されていないと効率的に業務を回せなかったり、顧客からの信用を失ったりする可能性もある。これらの情報共有を行うためにツールが導入されるが、導入の際には使い勝手の良さを重視する必要がある。

More Detail